トップ > 教育図書 > 観点別評価実践事例集 中学校理科

教育図書

観点別評価実践事例集 中学校理科
  1. 観点別評価実践事例集
  2. 観点別評価実践事例集 中学校理科
  3. 観点別評価実践事例集 中学校理科
  4. 資料の収集・解釈と評価技法のアイディア
  • 北尾倫彦 編集
  • 角田陸男 編集
  • B5判/168頁
  • 定価:2484円
  • 発行年:2003年
  • ISBN:978-4-8100-3417-2

【在庫なし】
どのように評価資料を収集し、分析・評価していくか?
おおむね満足(B)、十分満足(A)判断のポイントは?
単元末、学期末、学年末の評価結果のまとめ方は?

「新・評価基準表」が観点別評価の評価規準と判定基準の評価基準表作りだったのに対し、本書は、指導・評価計画から評価規準を駆使した授業における評価の実際と総括の仕方を示した、評価基準表の「実践編」として、これらの疑問に具体的なノウハウとして答えます。

目次

第1章 観点別評価実践上の問題点
 1 観点別評価の中心的課題
   1 簡便で持続可能な評価活動を
   2 評価規(基)準の統一
   3 目標準拠評価の信頼性と妥当性を保証する
   4 形成的評価と総括的評価の関連づけ
   5 教師の意識改革
   6 評価改革のためのさらなる努力
 2 子どもや保護者への説明責任
   1 事前のガイダンス
   2 事後の教育カウンセリング

第2章 理科の評価〜問題と解決法
 1 中学校理科の評価の目的は何か
 2 「観点別学習状況」の観点は「評価」を行うとき、どうとらえればよいのだろうか
 3 理科の目標準拠評価はどのように進めればよいのだろうか
 4 継続可能な評価(評価手法の開発)はどのようにすすめればよいのだろうか
 5 「指導と評価の一体化」はどのように進めればよいのだろうか
 6 「C」評価基準の生徒への支援の手だてはどうすればよいか
 7 選択理科の評価はどのようにすればよいのだろうか

第3章 実践事例集
 1 身近な物理現象(1年)光の世界
 2 身の回りの物質(1年)物質のすがたと状態変化
 3 電流とその利用(2年)回路と電流
 4 化学変化と原子、分子(2年)化学変化と原子、分子
 5 運動の法則性(3年)運動とエネルギー
 6 物質と化学反応の利用(3年)酸化・還元と化学反応で生じるエネルギー
 7 大地の変化(1年)地震と大地の変動
 8 動物の生活と種類(2年)動物の生活の観察
 9 動物の生活と種類(2年)消化と呼吸・血液循環と排出
10 生物の細胞と生殖(3年)細胞と生物の増え方
11 自然と人間(3年)自然と人間
12 自然と人間(3年)生物の生活とつながり

第4章 評価技法アイディア集
 1 行動観察
 2 ワークシート
 3 パフォーマンス評価
 4 自己評価・相互評価
 5 ペーパーテスト

第5章 観点別評価から評定へ
 1 観点別評価の総括
   1 各単元の観点別評価
   2 通知票および指導要録に記載する観点別評価
 2 評定の導き方
   1 観点のウエイト
   2 観点別評価から評定を導く方法
   3 評定の考え方