トップ > 教育図書 > 確かな学力と指導法の探究

教育図書

教育方法33
  1. 教育方法シリーズ
  2. 教育方法33
  3. 確かな学力と指導法の探究

amazonで購入する  セブンネットショッピングで購入する
紀伊国屋で購入する  楽天ブックスで購入する
学力低下論から派生した「確かな学力」をめぐって、現代社会における学力のあり方を再検討し、教師の実践的指導力を追究する。

目次

第1部 現代社会における学びと指導のあり方
1 現代社会における学びのあり方
   1 「関心・意欲」から「確かな学力」の重視への転換
   2 国際学力調査から見た日本の子どもたちの学力
   3 基礎的なものの検討
   4 現代社会に期待される学びの具体像
2 学力問題の危機の位相
   1 何が問題か−実態の確認
   2 「学力低下」論争とその対策は何をもたらしたか
   3 21世紀の学力の展望
   4 カリキュラムと学びの実践的・理論的問題
3 新しい学力 メディアリテラシーの育成
   1 メディアリテラシー それは新しい学力であるのか
   2 メディアリテラシー 問い直しの視点
   3 メディアリテラシー の問い直し
   4 サイバーリテラシーの提案
4 習熟度別学習指導という教育方法
   1 教育方法の一つである習熟度別指導
   2 A小学校における事例研究
   3 分数計算にみる実際の指導過程
   4 コース別問題の異動と指導方法
   5 教材と指導方法の考察−分数同士のわり算
   6 対象児への指導と評価
   7 習熟度別指導という教育方法の考察
5 「心のノート」によって道徳教育は成功するか
   1 「道徳教育」の失敗から「心の教育」そして「心のノート」まで
   2 現代社会における道徳教育の困難
   3 「心のノート」による道徳教育の方法
   4 社会づくりの主体はだれか

第2部 確かな学力と教師の実践的指導力
1 現代学校における教師の実践的指導力
   1 実践的指導力の形成と研修
   2 実践的指導力とは
   3 教育実践研究と実践分析
   4 教育実践記録と分析
   5 実践記録づくりの作業と実践的指導力の獲得
   6 教育実践分析の指標

2 教師の実践的指導力を育てるには
   1 はじめに
   2 教師教育研究の動向と最近の日本での教師教育改革プラン
   3 教師教育改革の基本的方向
   4 福井大学での取り組み

3 「ことばの学び」生成のための授業研究
  1 教科授業研究と「臨床的アプローチ」
  2 「ことばの学び」生成の研究における「臨床的アプローチ」の特徴
   3 「ことばの学び」育成のための「臨床的アプローチ」

4 授業をつくる教師の知をめぐって
   1 はじめに
   2 教室実践の構造と実践的知識
   3 実践的知識へのアプローチ
   4 経験知、科学知と技術知
   5 授業研究としてのライフヒストリー的アプローチの可能性
   6 授業実践研究としての「時間軸」の意義

第3部 教育方法学の研究動向
1 ドイツ教授学の研究動向
   1 はじめに 問題の所在と考察の視点
   2 教授学理論における「古典的」モデルの再編
   3 学校づくりの展開と授業方法の見直し
   4 ドイツ教授学の国際化と「知」の独自性
   5 終わりに 展望と課題