トップ > 教育図書 > 「コンピテンシー・ベース」を超える授業づくり

教育図書

「コンピテンシー・ベース」を超える授業づくり
  1. 教育の羅針盤シリーズ
  2. 「コンピテンシー・ベース」を超える授業づくり
  3. 「コンピテンシー・ベース」を超える授業づくり
  4. 人格形成を見すえた能力育成をめざして
  • 安彦忠彦 著
  • 四六判/208頁
  • 定価:1620円
  • 発行年:2014年
  • ISBN:978-4-8100-4651-9

amazonで購入する  セブンネットショッピングで購入する
紀伊国屋で購入する  楽天ブックスで購入する

能力・学力を包み込む主体的な人格の育成を

これからの子どもたちに育成すべき資質・能力の枠組みを議論した検討会の座長が自ら語る,
人材育成にとどまらず,主体的な人格形成をめざす授業の在り方と学校現場・教師への期待。

目次

第1章 コンピテンシー・ベースによる授業とは
1 なぜコンピテンシー・ベースを重視するのか
(1)文科省の検討会で議論されたこと
(2)コンピテンシー・ベースを重視する背景
2 コンピテンシー・ベースとは何なのか
(1)コンピテンシーとは何か
(2)コンピテンシー・ベースによる授業改善
(3)コンピテンシー・ベースを踏まえた評価
3 コンピテンシー・ベースを超えて
(1)学校教育本来の目的=主体的人格の形成に向けて
(2)「資質・能力」の発達をどうとらえるか
(3)ESDを支える能力観としてのコンピテンシー

第2章 いかなる「人格」と「学力」を育てるか
1 「人格形成」と「学力形成」
(1)学校教育の本来の役割
(2)「人格」と「学力」の関係
2 コンピテンシーをとらえなおす
(1)コンピテンシーの批判的検討
(2)「不易流行」の視点からコンピテンシーを考える
3 人格と学力を育てる教育課程
(1)教育課程の三層構造モデル
(2)発達段階論(SINCT)による教育課程の構想
4 新しい人格と学力を求める21世紀はどんな世紀か
(1)21世紀はどんな時代か
(2)持続可能な社会を構築する担い手を育む教育

関連書籍

  1. 「活用力」を育てる授業
  2. 「活用力」を育てる授業の考え方と実践
  • 安彦忠彦  編
  • 定価:1728円
  • 新しい学習指導要領で求められる「活用力」をどう育てるか
  1. 成長のものさし
  2. Children in the Classroom Ages 4-14
  • Chip Wood  著  他
  • 定価:2376円
  • 幼稚園から中学校までの子どもの成長を、1歳ごとに見る!