トップ > 教育図書 > 授業からの学校改革

教育図書

授業からの学校改革
  1. 授業からの学校改革
  2. 授業からの学校改革
  3. 「教えて考えさせる授業」による主体的・対話的で深い習得
  • 市川伸一 編著
  • A5/184頁
  • 定価:2376円
  • 発行年:2017年
  • ISBN:978-4-8100-7696-7

amazonで購入する  セブンネットショッピングで購入する
紀伊国屋で購入する  楽天ブックスで購入する

好評シリーズに学校管理職向け読み物が遂に登場!

学校ぐるみで「教えて考えさせる授業」に取り組み,学力向上を実現している小中学校の実践を紹介する事例集。新指導要領での「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」を実現するにはどうすればよいか,そして,この取り組みによってどのように子どもたち,教師自身,そして学校が成長していくかが具体的にわかる。

目次

PART1 「教えて考えさせる授業」で学校はどう変わるか
1「教えて考えさせる授業」の提案の背景
2「教えて考えさせる授業」とは
3「教えて考えさせる授業」を導入する学校・自治体
4 学校はどう変わっていくか
5 本書の成立と各実践校の特徴

PART2 実践校の取り組み
§1 北海道岩見沢市立南小学校
   学習意欲と活用する力の向上をめざして
§2 福島県福島市立鎌田小学校
   学力の二極化傾向の解消に向けた授業づくり
§3 長野県小諸市立美南ガ丘小学校
   子どもが「わかる」「できる」「つかえる」を実感でき る授業へ
§4 岡山県倉敷市立大眈学校
   学校・家庭・地域の連携で学力・人間力育成を
§5 鳥取県伯耆町立岸本中学校
   中学校の授業改善から小中一貫の協働的改革へ
§6 山口県美祢市於福中学校
教科を超えて,全教職員で授業を磨き合う

関連書籍

  1. [最新]教えて考えさせる授業 小学校 
  • 市川伸一  編著  他
  • 定価:2700円
  • 「教えて考えさせる授業 小学校」の最新版が登場!
  1. 教育の羅針盤シリーズ
  2. 「教えて考えさせる授業」を創る
  3. 基礎基本の定着・深化・活用を促す「習得型」授業設計
  • 市川伸一  編
  • 定価:1512円
  • 新しい学習指導要領における習得型授業のありかたを提案する