トップ > 教育図書 > 教科でできるキャリア教育

教育図書

教科でできるキャリア教育
  1. 教科でできるキャリア教育
  2. 教科でできるキャリア教育
  3. 「明石キャリア発達支援カリキュラム」による学校づくり

amazonで購入する  セブンネットショッピングで購入する
紀伊国屋で購入する  楽天ブックスで購入する

キャリア意識は授業で育つ!

カリキュラム研究の先進校が,長年の成果をキャリア教育として集約。
国語から道徳,総合で,キャリア教育の核心を,実践の裏打ちをもって示す。

目次

序文

第1章 キャリア教育とは
1.キャリア教育の意味
2.中学校におけるキャリア教育の核
3.キャリア教育の現状:第2段階目を迎えたキャリア教育

第2章 教科でできるキャリア教育
1.キャリア教育における教科の意義
2.教科における「基礎・基本」
3.「道徳」との関連

≪各教科≫
◆国語:心を揺さぶり,よりよい生き方へつなげる
 教科としての国語を学習させる意義/カリキュラムの構築にあたって/実践例

◆社会:自他の価値を感じる「グローバル社会人」の育成
 教科としての社会を学習させる意義/カリキュラムの構築にあたって/実践例

◆数学:外に開かれた数学を取り入れ,内にも外にも真理の追究を楽しむ
 教科としての数学を学習させる意義/カリキュラムの構築にあたって/実践例

◆理科:自然と共存し,幸せな社会を創造するための科学的思考を育む
 教科としての理科を学習させる意義/カリキュラムの構築にあたって/実践例

◆音楽:ほんとうに楽しむことができてこそキャリアとなる
 教科としての音楽を学習させる意義/カリキュラムの構築にあたって/実践例

◆美術:美術を学ぶことは人間を学ぶこと
 教科としての美術を学習させる意義/カリキュラムの構築にあたって/実践例

◆保健体育:生涯にわたり健康な生活を送る姿勢を見つけさせる
 教科としての保健体育を学習させる意義/カリキュラムの構築にあたって/実践例 

◆技術・家庭科:ものづくりで「生きる力」を
 教科としての技術・家庭科を学習させる意義/
 カリキュラムの構築にあたって〈技術分野)/実践例〈技術分野〉/
 カリキュラムの構築にあたって〈家庭分野〉/実践例〈家庭分野〉

◆英語:世界と対話できる道具「英語」を使って幸せになる!
 教科としての英語を学習させる意義/カリキュラムの構築にあたって/実践例

第3章 道徳でできるキャリア教育
 道徳を学習させる意義/道徳教育における4つの視点/
 カリキュラムの構築にあたって/実践例

第4章 総合的な学習の時間でできるキャリア教育
 総合的な学習の時間の意義/カリキュラムの構築にあたって/実践例

第5章 キャリア教育による学校づくり
1.義務教育はどうなる
2.教員の連携なくして子どもの発達支援はできない
3.教師として,レベルアップをめざそう
4.学校のしかけ
5.キャリア教育を進めてわかったこと,そのメリット

おわりに