教育図書

学校教育ではぐくむ 資質・能力を評価する
  1. 学校教育ではぐくむ 資質・能力を評価する
  2. 学校教育ではぐくむ 資質・能力を評価する
  3. 道徳・総合・特活・ICTの活用から始める評価の手引き
  • amazonで購入する
  • セブンネットショッピングで購入する
  • 紀伊国屋で購入する
  • 楽天ブックスで購入する

2019年4月発売!

東京学芸大学 次世代教育研究推進機構プロジェクト発

「学校教育ではぐくむ資質・能力とは何か」「それはどう評価できるのか」
資質・能力の育成と評価について,教科等での実践研究がまだまだ少ないなか,
先生方とディスカッションを重ね,真摯に取り組んだ研究の成果を,1冊にまとめました。

子どもの姿を包括的にとらえる「道徳・総合・特活」だから新しく見えてくるものがあります。
また,ICTの活用など,新しい分野と方法を活用した評価について解説します。

目次

第1部 資質・能力の評価
第1章 教育評価の考え方と進め方を知る
第2章 育成すべき資質・能力と評価の課題

第2部「総合的な学習の時間」における資質・能力の評価
第3章「総合的な学習の時間」における「探究的な学習」の授業づくりとその評価について
第4章「総合的な学習の時間」におけるパフォーマンス評価の活用

第3部「道徳科」「特別活動」における資質・能力の評価
第5章「道徳科」「特別活動」における評価の現状と課題
第6章「道徳科」の評価の考え方と用いる表現
第7章「特別活動」の新しい評価方法の工夫

第4部 ICTを活用した新しい学びと評価
第8章 ICTを活用した学びと評価
第9章 Computer Based Testing(CBT)を用いた新しい学習評価
TOP