トップ > 会社案内 > 沿革

沿革

昭和 22年 大塚学園復興会が発足する(大塚学園:東京文理科大学、東京高等師範学校、附属中学校、附属国民学校)。
23年3月 大塚学園復興会総務会開催、大学出版部の構想のもとに設立準備会が開かれる。
4月 出版部の名称を「東京文理科大学内 図書文化協会」と決定、優良図書の推薦、幹旋等の事業を始める。
24年3月 「社団法人 日本図書文化協会」の設立が許可される。
6月 図書出版へ乗り出す。
25年3月 教育・心理検査の発行・普及に踏み出す。
30年3月 研究部を独立させた「財団法人 応用教育研究所」の設立が許可される。
33年7月 営業部を法人組織とし、「株式会社 図書文化社」を設立。
図書文化社三法人体制が出来上がる。
34年12月 第1回「教育評価大学講座」を開催する
(現在は「指導と評価大学講座」と改称)。
58年7月 ブルーム博士の講演会を主催する。
平成 2年10月 (株)図書文化社・川越センター完成し、商品管理部が移転した。
9年6月 (財)応用教育研究所にカウンセリング開発室を設置。
カウンセリング事業に本格的に踏み出す。
10年11月 (株)図書文化社創立50周年記念式典・祝賀会が挙行される。
12年10月 第1回日本教育カウンセラー協会全国大会を開催する。
14年7月 NPO日本教育カウンセラー協会が発足する。
17年10月 (財)応用教育研究所50周年記念式が挙行される。