トップ > 指導と評価 > 1998年 4月号

月刊誌 指導と評価

1998年 4月号
  1. 1998年 4月号    定価:450円
特集
  • 開かれた学校
  • 【在庫なし】
  • 特集

    開かれた学校と総合的な学習
    千葉大学特任教授  天笠 茂

    インターネットで学校を開く
    東京大学教授  佐伯 胖

    これからの教育と開かれた学校
    東京学芸大学教授  児島 邦宏

    どうやって開かれた学校にしていくか   各学校で学習材・教育課程・授業などの教育実践を「開く」
    東京学芸大学教授  平野 朝久

    開かれた学校とPTA活動
    前(社)日本PTA全国協議会会長  薄田 泰元

    日常的な活動への保護者の参加
    静岡県立袋井高等学校教諭  鈴木 秀幸

    どうやって開かれた学校にしていくか   政策、行政、そして学校
    聖徳大学教授  牧 昌見

    連載

    新教育課程における評価の改善(1)   「評価のパラダイム転換」 静岡県立袋井高等学校教諭
    鈴木 秀幸
    教育時評(37)   「『大変な時代』の教師」 上越教育大学学長
    加藤 章
    総合的な学習の実践(1)「学ぶ力は生きる力」   「よりよいくらし博士になろう」「さあ出発だ 歴史探検隊」 大阪府富田林市立小金台小学校
    特色ある教育評価研究校 石川県山中町立河南小学校教諭
    向出 章
    子どもの感じ方を大切にした授業(13) 静岡市立西豊田小学校教諭
    築地 久子
    石河 光章
    指導と評価ライブラリー(19)   「自己教育力を育てる先生」「教育評価」  
    ペーパーテストで思考力を評価する(1)   「ペーパーテストで思考力を測る」 (財)応用教育研究所研究部長
    長澤 俊幸
    ひとりごと 元公立中学校教諭
    吉冨 久人
    だんわしつ 横浜市立大学教授
    野本 三吉