教育図書

自己評価のすすめ
  1. クレイス叢書
  2. 自己評価のすすめ
  3. 自己評価のすすめ
  4. 「自立」に向けた「自信」を育てる
  • 安彦忠彦 著
  • 四六判/184頁
  • 定価:2200円
  • 発行年:2021年
  • ISBN:978-4-8100-1753-3
  • amazonで購入する
  • セブンネットショッピングで購入する
  • 紀伊国屋で購入する
  • 楽天ブックスで購入する

「自信を育てる自己評価」の入門書。

精神的に自立した子どもをはぐくむために,必要なことは何か?
望ましい「自己評価」の実際とは?


自立心が低いと言われる,日本の子どもたち。
的確な「自己評価」の積み重ねに裏打ちされた「自信」をもち,自立した大人に成長するための道筋を示す。

小・中・高等学校関係者,保護者をはじめ,すべての大人に読んでもらいたい一冊。

目次

第1章 日本人の「自己評価」の低さ―最近のデータから―
1 日本の子供は自立心が低い
2 日本人と「自尊感情」について
3「自国に対する誇り」について
4「自己評価」無しの「自己責任」の時代

第2章 「自己評価」とは何か
1 望ましい「自己評価」とは
2「自己」の正体とは何か
3「自己」は体制化されている
4「自信」を培う「自己評価」に
5 新時代の「自己評価」のあり方

第3章 日本人の「生き方」の特徴
1「自己」をあいまいにすることの奨励
2「他人志向性」で「自信」は育つか
3 何でも「水に流す」日本人
4「自分の経験」を大事にしない日本人

第4章 「グローバル化」の中の日本人
1 過去の日本人の「自己評価」―戦前と戦後に大別して―
2「グローバル化」は日本人をどう変えるか
3「自己」の永続的追究と「自己確立」
4「人格」の核として必要な「自信」
5「自己評価」と日本の教育
//

関連書籍

学びの「エンゲージメント」
  1. クレイス叢書
  2. 学びの「エンゲージメント」
  3. 主体的に学習に取り組む態度の評価と育て方
  • 櫻井茂男  著
  • 定価:1980円
  • 主体的に学ぶ子どもを育てる鍵は,学びの「エンゲージメント」にあり!
「深い学び」の科学
  1. クレイス叢書
  2. 「深い学び」の科学
  3. 精緻化,メタ認知,主体的な学び
  • 北尾倫彦  著
  • 定価:1980円
  • 記憶研究の泰斗が明かす,学びが深まる授業の進め方。
「コンピテンシー・ベース」を超える授業づくり
  1. 教育の羅針盤シリーズ
  2. 「コンピテンシー・ベース」を超える授業づくり
  3. 人格形成を見すえた能力育成をめざして
  • 安彦忠彦  著
  • 定価:1650円
  • 能力・学力を包み込む主体的な人格の育成を
TOP