トップ > 教育図書 > 観点別評価ハンドブック 中学校編

教育図書

観点別評価ハンドブック 中学校編
  1. 観点別評価
  2. 観点別評価ハンドブック 中学校編
  3. 観点別評価ハンドブック 中学校編
  4. #NAME?
  • 北尾倫彦 編
  • 金子守 編
  • A5判/192頁
  • 定価:2160円
  • 発行年:2003年
  • ISBN:978-4-8100-3405-9

【在庫なし】
1  目標準拠評価の手順に従った解説。目標準拠評価の考え方から評価規準づくり、
  評価の実際、評価の総括から結果のフィードバックまで。
2 各教科ごとに、国立教育政策研究所の資料を分析した評価規準づくりのための
  「評価規準の類型」とキーワード。
3 各教科ごとの観点別評価の実際。
  評価観点と評価方法の適合関係/1単元を取り上げた評価資料の収集・解釈を
  中心とした 評価の実際/単元の観点別評価の統括

目次

第1部  新しい評価の考え方
 第1章 観点別評価の考え方
  1 観点別評価の重要性
  2 観点別評価の学力モデル
  3 4観点相互の関連性
 第2章 目標準拠評価について理解する
  1 なぜ目標準拠評価なのか
  2 目標準拠評価で何が変わるか

第2部  評価計画、評価規準のつくり方
 第3章 年間評価計画、単元の指導・評価計画をつくる
  1 年間単元評価一覧表をつくる
  2 単元の指導と評価計画表をつくる
 第4章 単元の評価規準をつくる
  1 文部科学省および国立教育政策研究所の示した「評価規準」を理解する
  2 単元の評価規準および学習活動における具体の評価規準をつくる手順
  3 判定の基準(評価規準)の作成
   −各教科の評価規準−
   国語科/社会科/数学科/理科/英語科/音楽科/美術科/技術・家庭科/保健体育科

第3部  単元における評価の実際
 第5章 観点別評価の実際 −評価資料の収集・解釈から観点別の総括まで−
  国語科/社会科/数学科/理科/英語科/音楽科/美術科/技術・家庭科/保健体育科

第4部  評価結果のまとめと振り返り
 第6章 観点別評価の総括から評定へ
  1 学期末、学年末における観点別評価の総括
  2 観点別評価から評定への総括
 第7章 評価結果のフィードバック −生徒・保護者へ、カリキュラムへ、教師自身へ−
  1 はじめに
  2 評価結果を生徒や保護者にどう伝えるか 
  3 評価結果をカリキュラムの改善にどう生かすか
  4 評価結果を教師自身の指導の改善にどうつなげるか
  5 おわりに