トップ > 教育図書 > 観点別評価実践事例集 小学校社会

教育図書

観点別評価実践事例集 小学校社会
  1. 観点別評価実践事例集
  2. 観点別評価実践事例集 小学校社会
  3. 観点別評価実践事例集 小学校社会
  4. 資料の収集・解釈と評価技法のアイディア
  • 北尾倫彦 編集
  • 桑原利夫 編集
  • B5判/168頁
  • 定価:2484円
  • 発行年:2003年
  • ISBN:978-4-8100-3410-3

【在庫なし】
どのように評価資料を収集し、分析・評価していくか?
おおむね満足(B)、十分満足(A)判断のポイントは?
単元末、学期末、学年末の評価結果のまとめ方は?

「新・評価基準表」が観点別評価の評価規準と判定基準の評価基準表作りだったのに対し、本書は、指導・評価計画から評価規準を駆使した授業における評価の実際と総括の仕方を示した、評価基準表の「実践編」として、これらの疑問に具体的なノウハウとして答えます。

 【注】本書は平成14年度版『新評価基準表』に基づいて作成しています

目次

第1章 観点別評価実践上の問題点
 1 観点別評価の中心的課題
   1 簡便で持続可能な評価活動を
   2 評価規(基)準の統一
   3 目標準拠評価の信頼性と妥当性を保証する
   4 形成的評価と総括的評価の関連づけ
   5 教師の意識改革
   6 評価改革のためのさらなる努力
 2 保護者や子どもへの説明責任
   1 保護者や子どもに何を伝え共有するか
   2 保護者にどう伝え、共有するか
   3 子どもにどう伝え、共有するか

第2章 社会科の評価〜問題と解決法
 1 社会科では何を評価するのか
 2 勘弁で持続可能な評価を行うためのポイントは何か
 3 単元の評価規準や学習活動における具体の評価規準
 4 1単元の毎時間で4観点のすべてを評価しなければならないのか
 5 教師の主観による評価のぶれをどう克服したらよいか
 6 十分満足できる(A)とはどんな状態をいうのか(A基準設定の考え方)
 7 「発展的な指導を必要とする子ども」をどのようにケアしていけばよいか
 8 「努力を必要とする(C)子ども」をどのようにケアしていけばよいか
 9 ペーパーテストは必要ないのか
10 アカウンタビリティーへの対応はどう考えたらよいか
第3章 実践事例集
 1 (3年)大阪市たんけん
 2 (3年)ぼくらの町の鬼瓦は日本一
 3 (3年)おいしさいっぱい能登屋さんの味のひみつ
 4 (3年)町の安全を守る−火事から人々を守る
 5 (4年)きょうどに伝わるねがい
 6 (4年)地形の特色を生かす−山地にくらす人々
 7 (5年)これからの食料生産
 8 (5年)自動車をつくる工業
 9 (5年)私たちの生活と情報−新聞社の働き
10 (6年)奈良の大仏は、どうしてつくられたの
11 (6年)戦争を体験した人々と暮らし
12 (6年)みんなの願いを実現する政治
13 (6年)わが国と関係の深い国の人々の暮らし

第4章 評価技法と実際例
 1 行動観察
 2 ワークシート
 3 学習ノート
 4 自己評価・相互評価
 5 ポートフォリオ

第5章 観点別評価から評定へ
 1 評定までの流れと観点別評価の総括
   1 観点別評価から評定への基本的な流れ
 2 観点別評価の総括
   1 学期末における観点別評価の総括
   2 学年末の観点別評価の総括
 3 観点別評価から評定へ
   1 観点別評価から評定への総括
   2 個人内評価と自己評価の生かし方