トップ > 教育図書 > これからの情報とメディア教育

教育図書

ICT教育の最前線
  1. 教職課程テキスト
  2. ICT教育の最前線
  3. これからの情報とメディア教育

【在庫なし】

【在庫なし】

高度情報化社会における情報教育のあり方と、
コミュニケーション能力を基盤にしたICT教育の先進実践事例

・IT教育からICT教育へ(Information and Communication Technology in Education)。
  コミュニケーション能力を基盤にした新しい情報教育のあり方を多角的に追究。
・実践的教科「情報」教育法の最新のテキスト。高校の新しい必修教科「情報」指導者養成テキスト。
  情報関連用語解説付き。
・先進性と実践性が求められる,中学校・高等学校におけるICT教育の先進実践事例を掲載し、
  情報モラルの教育、教師へのICT情報教育など課題と方向性を示す。

目次

第1章 情報教育がねらうもの―ICT教育の目標と方法の特徴 [生田孝至]
  機‐霾鷆軌蕕里瓩兇垢發
    1 社会の変動と情報教育
    2 リテラシーとしての情報教育
  供‐霾鷆軌蕕瞭団
    1 新学力観と情報教育
    2 開いた系としての情報教育

第2章 情報教育のカリキュラム開発と各教科や総合的学習との交差 [水越敏行]
  機‐霾鷆軌蕕魍惺擦離リキュラムにどう位置づけるか
    1 日本のコンピュータ教育利用と情報教育の歩み
    2 情報教育の今後の課題
  供ゞ飢福崗霾鵝廚砲けるカリキュラム開発とその展開
    1 教科「情報」の特質
    2 カリキュラム開発と展開の事例―「情報の検索と収集,そして発信と共有」
    3 総合実習のカリキュラム開発事例

第3章 情報教育の目標・内容と評価 [黒上晴夫]
  機〔槁犬班床
    1 評価の考え方の変化
    2 絶対評価と評価規準
  供‐霾鷆軌蕕糧楼
    1 実世界の直接解釈
    2 メディアを通した実世界の解釈
    3 コミュニケーション
    4 情報教育のカリキュラム
  掘.リキュラムの2つの側面
    1 活動と学習内容の関係
    2 内容の系統と質の系統
  検/靴靴ど床舛諒法と考え方
    1 知識・概念・スキルの評価
    2 質の評価
    3 評価視点の明確化
    4 判断基準の客観化
    5 ルーブリックと絶対評価
    6 評価から授業設計へ

第4章 中学校の各教科・領域にまたがるICTの展開 [田邊則彦]
    1 よくデザインされた授業―コンピュータ教育の次のステップに
    2 教材開発・教材作成とICTによる情報共有
    3 ICTと総合的な学習の時間
    4 学習成果を蓄積する
    5 外部の教材リソース利用と授業の実際
    6 ICT=インターネットではない

第5章 中学校での「情報生活科」の特設と選択学習のカリキュラム開発 [人見和宏]
  機ー賀大学教育学部附属中学校の教育研究の概要
  供ー賀大学教育学部附属中学校の情報教育
    1 情報教育に関する基本的な考え方
    2 カリキュラムにおける位置づけ
  掘‐霾鸚験莢覆旅汁曚伴汰
    1 「情報生活科」誕生までの経緯
    2 「情報生活科」の目標
    3 情報生活科の研究テーマと育てたい4つの力
    4 年間計画
    5 指導体制
    6 情報生活科の学習評価
  検‐霾鸚験莢覆了愼海亮尊
  后\古未諒冤

第6章 デジタル教材を活用した高校の授業改革 [半田 亨]
  機ゞ軌蕕両霾鷁修伴業改革
    1 授業は変わらなくてはならない
    2 教育の情報化がもたらすもの
  供ー業と評価の具体的な改善
    1 達成感の高い授業をめざして―「教育プログラム」という考え方
    2 評価のあり方の改善
    3 本校の実践から
  掘〆8紊諒向性
    1 ケータイ
    2 ネットワークは「壁」を取り去る
    3 新しい「力」のものさし
    4 教育改革のダイナミズムの中で

第7章 教科「情報」の指導と評価の実際―情報C「CM研究」の展開 [江守恒明]
  機”抻蓋立大門高等学校「情報C」のカリキュラムと環境構成
    1 「情報C」の目標とその年間学習内容
    2 ネットワークの環境
    3 実習の考え方
  供2学期「CM研究」の展開
    1  グループ決め
    2 1日のCMの分析
    3 1本のCM分析
    4 グループ紹介CMの制作
    5 自作CMの制作
    6 評価
    7 おわりに

第8章 国際交流学習の展開―ワールドユースミーティングなど [影戸 誠]
  機々餾欷鯲学習とは
  供々餾欷鯲学習の実際
    1 ワールドユースミーティング
    2 アジア学生交流プログラム
    3 2つのイベントの基本的なインターネット機能
    4 3つのステージ
    5 ワールドユースミーティング当日の取組み
    6 基本的に要求される教師の資質
  掘 ̄儻譽廛譽璽鵐董璽轡腑鵑了愼
    1 プレゼンテーション指導におけるネットワーク活用
    2 プレゼンテーションを支える3つの力
    3 国際交流の原語−コミュニケーションとしての英語
    4 プロダクトの見せ方
  検々餾鬱ヾ悗了戮┐觜餾欷鯲
  后_歛蠅氾庫

第9章 メディアと市民をつなぐ回路づくり―メルプロジェクトの挑戦 [水越伸・長谷川一・宮田雅子]
  機.瓮襯廛蹈献Дトというネットワーク
  供‖1期「民放連プロジェクト」:送り手と受け手,表現と受容の循環性
    1 経緯
    2 4つのモデルのパイロット研究
    3 「表現」を学び「読み」を深める,送り手と受け手が共に学ぶ
  掘 崑莪豐」から「第二期」へ:対話のための回路づくり
    1 「第一期」のなしえたことと課題
    2 送り手と受け手の「対話ワークショップ」
  検 崑佻奪錙璽ショップ」のデザイン
  后\こ設定とワークブック
  此 崑佻奪錙璽ショップ」の実践
  察,泙箸

第10章 メディア・リテラシー―実践事例の分析 [中橋 雄]
  機‐霾鷆軌蕕肇瓮妊ア・リテラシーの接点
  供.瓮妊ア・リテラシーの構成要素
    1 メディア・リテラシーをとらえ直す必要性
    2 構成要素の整理
  掘々柔要素の詳細と実践事例分析
    1 メディアを使いこなす
    2 メディアを理解する
    3 メディアの読解・解釈・鑑賞
    4 メディアを批判的にとらえる
    5 考えをメディアで表現
    6 メディアでの対話とコミュニケーション
    7 循環的な系統のある事例
  検‐霾鷆軌蕕鮴擇蠡鵑メディア・リテラシー

第11章 情報モラルの教育と教師教育     
  機‘本の事例から [水越敏行]
    1 情報モラルの教育
    2 教師への情報教育
  供ヾ攅颪了例から [Insung Yung/亀井美穂子]
    1 はじめに
    2 教師の現職教育
    3 生徒のためのICTリテラシー・プログラム
    4 おわりに

終 章 ICT教育―今後の重点課題 [生田孝至]
    1 教養としての情報リテラシー
    2 孤独の二重性をどう超えるか

付 録 情報教育関連用語解説

索 引