トップ > 教育図書 > 児童生徒理解と教師の自己理解

教育図書

育てるカウンセリング全書 3
  1. 育てるカウンセリング全書
  2. 育てるカウンセリング全書 3
  3. 児童生徒理解と教師の自己理解
  4. 〜育てるカウンセリングを支えるもの〜

amazonで購入する  セブンネットショッピングで購入する
紀伊国屋で購入する  楽天ブックスで購入する

育てるカウンセリングとは

不登校やいじめ、授業不成立などの問題が起こったときに、解決を援助するのが「治すカウンセリング」。一方、こうした問題の発生を予防したり、子どもの適応や自己成長を援助したりするのが「育てるカウンセリング」である。それゆえ育てるカウンセリングとは、教師が日常的に使えるカウンセリングのことである。その最終目標は、自分で問題に対処する能力を育て、自分で問題を予防し、自分で自分を成長させていく能力を育てることにある。「人の迷惑にならないかぎり、ありたいようなあり方をする」人生態度を育てること、これが育てるカウンセリングである。

内容
子どもを「わかる」には、多様な見方ができること、教師が自分自身を理解することがカギ。

目次

第1章 子どもたちがわからない
第2章 ひとりひとりを理解する
第3章 集団を理解する
第4章 心理テストを生かした子ども理解
第5章 教師の自己理解
第6章 学級担任のためのカウンセリング研修