教育図書

「継次処理」と「同時処理」 学び方の2つのタイプ
  1. 「継次処理」と「同時処理」 学び方の2つのタイプ
  2. 「継次処理」と「同時処理」 学び方の2つのタイプ
  3. 認知処理スタイルを生かして得意な学び方を身につける
  • 藤田和弘 著
  • A5/176頁
  • 定価:2420円
  • 発行年:2019年
  • ISBN:978-4-8100-9736-8
  • amazonで購入する
  • セブンネットショッピングで購入する
  • 紀伊国屋で購入する
  • 楽天ブックスで購入する

子どもの学習のつまずき解消の鍵は「わかり方(認知の仕方)」に合った指導方法・学習方法を用いること。同時処理と継次処理,2つの認知処理スタイルを徹底解説!

<本書が目指す支援のステップ>
(1)学習につまずきのある子どもの得意な「わかり方」を大人が把握する
(2)子どもの得意な「わかり方」で大人が教える
(3)学ぶ楽しさや達成感を子どもがたくさん味わう
(4)自分に合った「学び方」を子どもが身につける
(5)自律的で主体的な大人に成長する <Goal!!>

目次

◆序章
1 学習方法とわかり方(認知の仕方)のミスマッチ!?
2 認知処理スタイル2パターンのうちあなたはどちらのタイプ?
3 あなたと子どもの認知処理のタイプは?

◆第1章 認知発達の偏りから起こる学習のつまずきとは
1 認知発達の偏りとは
2 学力観の変遷
3 知能観と知能検査
Column1 果物にたとえた知能観――昔「りんご」,いま「みかん」

◆第2章 継次処理スタイルと同時処理スタイル――二つの認知処理スタイルとそれに応じた指導方法
1 二つの認知処理スタイル
2 子どもの認知処理スタイルに応じた教師の指導方法
3 認知処理スタイルを生かした長所活用型指導
4 五つの基本原則とそれを生かした指導例(漢字の読み書き)

◆第3章 認知処理スタイルを生かした通常学級での指導の実際
1 認知スタイルを通常学級の授業で生かすために
2 認知処理スタイルの特性を生かした通常学級での指導の実際
3 二つの認知スタイルを生かした指導とは

◆第4章 認知処理スタイルを知るチェックリスト
1 認知処理スタイルを把握するには
2 認知処理スタイルを見分けるチェックリスト
3 知能検査を用いたアセスメント――知能検査の現状と日本版ABC-
Column2 K-ABC-兇箸

◆第5章 フィードバックを通じて自分に合った学習方法を身につける
1 アセスメント情報のフィードバック──KABC-兇両豺腓鯲磴
2 KABC-競侫ードバック面接の実際と効果
Column3 「その子に合った指導」が自立につながる

資料1 認知処理スタイルと学習方法の関係
資料2 個に応じた教育の時代に――合理的配慮と支援・指導計画
資料3 学校における心理アセスメントの基礎知識
TOP