トップ > 指導と評価 > 1999年 7月号

月刊誌 指導と評価

1999年 7月号
  1. 1999年 7月号    定価:450円
特集
  • これからの集団活動
  • 【在庫なし】
  • 特集

    ピースメソッドで学級を超えた取り組みをつくりだす
    国立教育研究所生徒指導研究室長  滝 充

    これからの教師に求められる個を生かす集団指導力
    教育臨床研究機構理事長  中野 良顯

    これからの教師に求められる集団指導の実際(中)
    岩手県大船渡市立大船渡中学校教諭  佐藤 謙二

    これからの教師に求められる集団指導の実際(小)
    岩手県葛巻町立葛巻小学校長  藤村 一夫

    集団指導に生かすアセスメント
    早稲田大学教授  河村 茂雄

    こんな集団指導スキルが役に立つ
    筑波大学教授  飯田 稔

    教師に求められるリーダーシップ
    聖徳大学助教授  関根 正明

    グループダイナミックス理論と実践への応用
    岡山大学助教授  淵上 克義

    連載

    総合的な学習の実践(12)   「地球を見つめ、人間の生き方を考える『ふるさと学習』」 宮城県一迫町立一迫中学校
    平成11年度兵庫教育大学大学院入試問題(2)  
    子どもの感じ方を大切にした授業(28) 小林 伸夫
    筑田 周一 
    新しい評価理論入門(4)   「評価手段の特徴と選択」 静岡県立袋井高等学校教諭
    鈴木 秀幸
    オピニオン/新教育課程の評価のあり方を考える(9)   「『生きていく力』としての学力形成」 聖徳大学教授
    渋谷 憲一
    育てるカウンセリングで授業をかえる(12)   「授業に生きるアセスメント」 (財)応用教育研究所研修主事
    岡安 道夫
    ひとりごと 元公立中学校教諭
    吉冨 久人
    だんわしつ 西条 昇