トップ > 指導と評価 > 2017年 2月号

月刊誌 指導と評価

2017年 2月号
  1. 2017年 2月号  Vol.63-2  No.746  定価:450円
特集
  • 教育カウンセリング入門
  • 入会(年間購読)へ
  • バックナンバー購入へ
  • 【在庫あり】
  • 特集

    教育カウンセリングとは何か
    NPO法人日本教育カウンセラー協会会長  國分康孝・NPO法人日本教育カウンセラー協会理事  國分久子

    ★教育カウンセリングは、心理カウンセリングと共存して教育に役立つ。教育カウンセリングはすべての子どもを対象とし、学級崩壊の予防、友だちづくりなど「個人間」の問題が守備領域である。発達課題(学業・進路・社会性・人格形成・健康)を乗り越えるのを支援するのが主たるねらいである。
    ★教育カウンセリングは、「積極技法(情報提供・教示・助言・指示・リフレーミング・フィールドワーク・解釈・自己開示・対決)」を用いる傾向がつよい。
    ★教育カウンセラーは、エビデンスベースに加え、役割を超えた「ひとりの人間」としてふれあい、互いに成長し合える人でありたい。

    教育カウンセリングの領域と問題
    東京学芸大学名誉教授  河野義章

    ★教育カウンセラーの仕事は、子どもたちが学校生活を楽しむことができ、将来の生活を展望できるように、その成長発達を支援することである。そのために、発達課題に注目する。発達課題は、,修稜齢の大勢の人が経験する事柄であり、△修譴うまく達成できないと社会生活を円滑に送ることができない。学校に通う子どもたちが直面する発達課題は、ヽ惷犯達、⊃箆、社会性の育成、た由雰狙、タ歓箸侶鮃の五つの領域である。ここでは、教育カウンセラーがこれらの領域で具体的にどのような取組をしているのか、『教育カウンセリング研究』『教育カウンセリング学会研究発表大会発表論文集』などに報告された実践を紹介する。

    教育カウンセリングの理論
    東京成徳大学教授  新井邦二郎

    ★教育カウンセリングを支える理論や心理学は、ひとつではない。たくさんのカウンセリング理論や心理学が、教育カウンセリングを支える。それゆえ、教育カウンセリングを実践するためには、これらの理論や心理学についての考え方や知識・技術の学習が役に立つ。まず、カウンセリングの主な理論として、\鎖席析理論、⊆己理論、9堝依論、は斥療法、ジ鯲分析、ζ盍僉↓Д屮蝓璽奸蔽惨)カウンセリング、遊戯療法、家族療法、実存主義的アプローチ、アドラー理論(アドラー心理学)、構成的グループエンカウンター。また、教育カウンセリングを支える主な心理学として、“達心理学、教育心理学、3惺賛翰学、し鮃心理学、ゥ櫂献謄ブ心理学、Εャリア心理学、臨床心理学、┥祿音心理学などをあげることができる。

    教育カウンセリングの方法とスキル
    北海商科大学教授  大友秀人

    ★教育カウンセリングの方法とスキルは、現段階の教育カウンセラー標準テキストカリキュラムでは、以下の11がある。個別面接、事例研究・スーパービジョン、構成的グループエンカウンター(SGE)、サイコエジュケーション、アサーショントレーニング、ソーシャルスキル教育、キャリアカウンセリング、芸術療法、ピアサポート・ヘルピング、リーダーシップ、コーディネーション。その中でも、とくにSGEは、教育カウンセラー養成講座では必須である。教育カウンセリングの最も大切な方法で、人間関係開発を意図した教育カウンセリングのグループ・アプローチである。

    教育カウンセリングの展開と活動
    埼玉県武南高等学校教諭  吉田 隆江

    ★教育カウンセリンは発達課題を解決し、児童・生徒の成長を援助する。そのイメージを描くために、教育カウンセラーとしての私の実践を紹介した。待っているだけではないかかわりや、教師間の調整が特徴である。教育カウンセリングのプロセスの主要なかかわりは、教師と生徒、生徒どうしのリレーションをつくることである。それには「ワンネス」「ウイネス」「アイネス」が大事である。これらは、SGEによって実現可能であると提案する。さらに、本当の問題の把握によって、支援の仕方が見えてくる。個別だけではなく、グループ志向であるのが、教育カウンセリングである。まず、担任として教科担当して、実践してく姿勢を大事にしたい。

    連載

    学校力・教師力アップセミナー(10)若手教師のやる気を伸ばす 富山県公立学校スクールカウンセラー
    水上 和夫
    QUを活用した学級づくりと個別支援(11)特別支援教育と学級づくり 山梨県南アルプス市立櫛形北小学校教諭
    深沢 和彦
    特別支援教育のこれから(11)子どもの心理・社会面への援助 東京学芸大学教授
    大河原美以
    教育評価のこれから(11)コンピテンシー・ベースのカリキュラムにおける観点別評価のあり方 神戸松蔭女子学院大学講師
    大下卓司
    感度を高める言葉の教育(35)接続詞の論理性 国立国語研究所日本語教育・情報センター教授
    石黒 圭
    コンピテンシー・ベイスの授業づくり(7)社会的課題の文脈で設定する技術の授業づくりのポイント 信州大学教授
    村松浩幸
    教えて考えさせる授業(6)小学校の実践事例(2)理科5年「流れる水のはたらき」 岡山市立第二藤田小学校教諭
    西本慎一郎
    国語の「書くこと」(11)中学校鑑賞文を書く「読み取ったことを役立ててプロに迫る鑑賞文を書こう」―「神奈川沖浪裏」を参考に浮世絵の鑑賞文を書く― お茶の水女子大学附属中学校教諭
    市川千恵美
    先人に学ぶ「数学的考え方」小学校算数(9)山下昭・橋本吉彦編『進んでいる子を配慮した算数・数学指導』 青山学院大学教授
    坪田 耕三
    アクティブ・ラーニングで社会科の授業を変える(7)/小学6年歴史人物に歴史事象を語らせる「吹き出し」づくりを中心に据えた授業 東京都墨田区立隅田小学校主幹教諭
    西中克之
    小中学校の理科(10)表現力を育てるジグソー法を生かした理科の授業|羈悖廓「地球と宇宙」 千葉県野田市立福田中学校教諭
    柳 勝也
    教育の窓(29)高大接続テストに関する批判を考える 静岡県立袋井高等学校教諭
    鈴木 秀幸
    新しい教育評価の動向/P・E・ニュートン&S・D・ショー妥当性に関する論争:妥当性の適切な使い方に関する意見の不一致と解決策方法 静岡県立袋井高等学校教諭
    鈴木 秀幸
    教育統計・測定入門(56)潜在変数のパス解析 法政大学教授
    服部 環
    巻頭言/教育カウンセリングコーナーの特設 NPO日本教育カウンセラー協会理事
    池場 望