トップ > 教育図書 > 子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業

教育図書

子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
  1. 子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
  2. 子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
  3. 深美隆司(HOTEI-SAN)のファシリテーション出前研修
  • 深美隆司(あいあいネットワーク of HRS 代表) 著
  • 四六判/216頁
  • 定価:1944円
  • 発行年:2013年
  • ISBN:978-4-8100-3636-7

amazonで購入する  セブンネットショッピングで購入する
紀伊国屋で購入する  楽天ブックスで購入する

ストップ! いじめ連鎖・不登校スパイラル

★★★深美先生の動画が見られます →http://youtu.be/4_g9nIwo2qk

いじめや不登校はなぜ起こるのでしょうか?
 ……その答えは,人間の中にある「依存性」です。
依存的な有り様から主体的な有り様へ,
子どもを成長させるのが,人間関係づくりの授業なのです。

【推薦】伊藤美奈子(奈良女子大学臨床心理相談センター教授・前慶応義塾大学教授)
本書は,プロの教師でありつつ,プロのファシリテーターでもある深美先生の理論と実践,そしてその歴史が詰まった一冊である。日々の生徒指導に悩む先生方,そして教師を目指す学生たちには,できれば直接,先生のナマ研修をぜひ受けてもらいたい。しかし,残念にもそれが叶わない方々には,この本をお読みいただくことで深美ワールドの一端に触れて頂けるのではないかと期待する。――本書序文より  

目次

序  文  出会い(伊藤美奈子)
はじめに 「人間関係学科」との出会いと決断

序章 私が「人間関係づくりの授業」にたどりつくまで
   ──いじめ・不登校の解消を決意するまでの道程
●いじめ体験から教員の道へ
●不登校になることの重い意味を経て……
●親から子どもへ──「不登校スパイラル」

第1章 なぜ、いま人間関係づくりの授業なのか
    ──社会の変化に追いつかない教育現場の実態
●変容した社会に対応するには,教育の基盤に人間力の育成を!

第2章 依存的なあり様(よう)から、主体的なあり様(よう)へ
    ――主体的なあり様(をめざす)人間への成長
●いじめによる自死,「葬式ごっこ」より
●依存的なあり様から主体的なあり様へ
●主体的なあり様と依存的なあり様の検証
●「依存的・主体的」の尺度の確立を!
●まず教員が「主体的なあり様」をめざす!
【コラム】人間関係づくりの授業をさらに高める『7つの習慣』

第3章 人間関係づくりの授業のコア(核)
    ──「認知・行動・評価」のスパイラル+共感性を高める
●人間関係づくりの授業のコア(核)──「認知・行動・評価」のスパイラル
●人間関係づくりの授業の三要素
●人間関係づくりの授業の三側面

第4章 人間関係づくりの授業の前提と今後の課題
    ──授業の前提・校種間の連携
●人間関係づくりの授業の前提;;|楼茵校種・総合的な学習の時間との連携
●人間関係づくりの授業の前提※; 岾悗咫廚離妊競ぅ鵑函屮皀妊襦廚離妊競ぅ
●中学校区における幼保・小・中の連携のむずかしさと今後の展望
●人間関係づくりに取り組めば「学力」が上がる

第5章 人間関係づくりの授業と教員研修の実際
    ──ファシリテーションとは何か
●人間関係づくりの授業以前の私の授業スタイル
●ファシリテーションとは何か
●教員への出張ファシリテーション
●ウォーミングアップ
●ストレスをコーピング(対処)する
●「認知」への理解
●リフレーミング
●アサーション──主体的なあり様と依存的なあり様
●ファシリテーションへのフィードバック

第6章 教員に求められる七つの力
    ──人間関係づくりの授業を成功に導くために
〇劼匹發燭舛鬟曄璽襯匹垢詢
∋劼匹發燭舛匹Δ靴隆愀言とルールをつくる力
【コラム】「指導上の困難がある」学校こそ,人間関係づくりの授業を組織的に
子どもたちに気づきを引き起こす力
せ劼匹發燭舛竜い鼎に気づく力
セ劼匹發燭舛慍霪(支援)する力
子どもたちのなかで起こったことを取り上げる力
Ъ業でビルドアップされた気づきを大切にする力
●教員に求められる資質とは

おわりに
※深美先生の動画をyoutubeで見る →ショートVer. ロングVer.

関連書籍

  1. 子どもが先生が地域と共に元気になる人間関係学科の実践
  2. 人権教育・多文化共生教育をベースにした予防・開発的生徒指導
  • 森田洋司  監修  他
  • 定価:2592円
  • 週1時間の「心を育てる新教科」に取り組んだ中学校区の記録